モットン

国民の半数が不眠症?  睡眠の質を高める工夫で一歩リードしましょう

当サイトでは、腰痛対策マットレスのモットンをたびたび紹介しています。

腰痛対策になるだけでなく、快眠生活を送るのにも一役買ってくれるマットレスなんです。

 



 

こんな素晴らしい寝具があるのにも関わらず、2018年9月25日、時事通信社が出したニュースは、日本の睡眠生活の荒れ方を顕著に表していました。

 

 寝具メーカー東京西川(東京都中央区)が全国の男女を対象とした意識調査でこんな傾向があることが25日、分かった。

 

 同社は7月、全国の18~79歳の男女1万人を対象にインターネット調査を実施。不眠症について、「寝付き」「睡眠の質」「日中の眠気」といった国際的な基準に照らし合わせた結果、「疑いあり」が49.3%に上った。「疑いが少しある」は18.2%、「心配なし」が32.5%だった。「疑いあり」は20代が最多の61.1%となり、30代(58.5%)が続いた。

 

 睡眠の質では、「満足」が31.8%にとどまり、「少し」や「非常に」などを合わせた「不満」が7割近くに上った。「満足」は40代が最低の23.6%で、30代が次に少ない25.2%だった。同社は「働き盛りや子育て世代で満足な睡眠が得られない実態が明らかになった」としている。

 

 睡眠時間が足りているかとの問いでも、「十分」と答えた割合は40代が最低の26.1%となり、30代の28.1%が続いた。

出典:国民の半数が不眠症? =7割「睡眠に不満」―寝具メーカー調査

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00000006-jij-soci

 

 

不眠症とは?

不眠症という言葉は誰しもが聞いたことのある言葉です。

そして、長い人生、1度や2度くらいは起こる出来事に思いを巡らせ、眠ることができないという経験があることでしょう。

 

しかし、この1度や2度で不眠症とは診断されることはありません。

 

不眠は不眠症と同一ではありません。

 

睡眠障害国際分類第2版(ICSD-2)で定義されている「不眠症の一般的基準」は以下のとおりになります。

 

A.入眠困難。 睡眠維持困難。 早朝覚醒。 慢性的に回復感がない。 質の良くない睡眠が続くと訴える。子供の場合は多くの場合保護者から報告され、就寝時のぐずりや1人で眠れないといった睡眠障害がある。

B.眠る機会や環境が適切であるにも関わらず上述の睡眠障害が生じる

C.夜間睡眠の障害に関連して、以下のような日中障害を少なくとも1つ報告する

  1. 疲労または倦怠感
  2. 注意力、集中力、記憶力の低下
  3. 社会生活上あるいは職業生活上の支障、または学業低下
  4. 気分が優れなかったり、イライラする。気分障害、焦燥感
  5. 日中の眠気
  6. やる気、気力、自発性の減退
  7. 職場でまたは運転中に過失や事故を起こしやすい
  8. 睡眠の損失に相応した緊張、頭痛、または胃腸症状が認められる
  9. 睡眠について心配したり悩んだりする

出典:ICSD-2 参考:医療・看護・介護のための睡眠検定ハンドブック

 

不眠症とはこれらの不眠の特徴が露見するのと同時に、「日中の機能障害」の存在が認められたときに初めて「不眠症」と診断が下ります。

 

逆説的に述べれば、いくら眠れなくて悩んでいたとしても、日中の活動に支障がなければ、それは不眠症とは言わないのです。もちろんこれは極端な例ですが。

 

 

不眠の原因

不眠の原因は多岐にわたり、複数の原因が重複している場合があります。診察の際は「不眠の原因:5つのP」と呼ばれる考え方が用いられます。

身体的(physical)、生理学的(physiologic)、心理学的(phychologic)、精神医学的(psychiatric)、薬理学的(pharmacologic)

これらの英語の頭文字のPをとって5つのPというわけです。

 

 

睡眠の質を高めるの工夫を凝らせ!

東京西川が行った調査では、この不眠症にかかり、悩んでいるという疑いがある人の割合が49.3%にも上るとされています。

国際的な基準に則ったということは、おそらくICSDに則っているのでしょう。

 

そして睡眠の質に対して、満足感を得られている人はたったの31.8%という悲惨な状況にあります。

 

ここから見えてくるのは、みな睡眠に対する知識が欠落していること。そして睡眠を甘く見て、おざなりにしているという状況です。

 

私自身、睡眠を甘く見ていた時期がありました。

社会人生活が始まったころ、ブラック企業に勤めていて、精神的ストレスが溜まっていました。そのストレスを晴らすために、夜遅くまで友人や恋人とメールをし、スマートフォンやパソコンで夜遅くまで延々とインターネットサーフィンをしていました。

こうすることで、自分のストレスは解消されるものだと心の底から信じていたのです。

 

しかし、現実は違いました。スマートフォンやパソコンから放たれる強いブルーライトを見続けていると、大脳がブルーライトの波長によって中途覚醒を起こし、眠れなくなるのです。

 

朝早くから働きづくめで、あれだけ身体が疲れていて、帰りの電車で座ろうものなら、すぐに眠りについてしまうほどであったはずなのに、眠れなくなるのはこういった原因がありました。

 

もちろん私のスマートフォンやパソコン作業による睡眠の質・時間の低下はあくまで一例です。

 

ただし、こうした不眠症の原因となる芽を摘み取り、除ききれない原因をカバーするために、睡眠の質を高める工夫が必要です。

 

 

当サイトがおすすめしているのが、腰痛対策マットレスとして人気のあるモットンです。

 

モットンは山本昌さんも愛用しているマットレスです。

腰痛やストレスなど、現役時代の体調管理は本当に大変でしたよ。ただでさえ故障や怪我が隣り合わせのプロ野球。やっぱり普段気をつけていたのは寝具ですかね。宿泊先を選ぶ時も、自分に合った寝具を置いているかどうかを最重要視します。自分に合った寝具で寝ると次の日、体の調子が良いので勝ちにつながっていましたね。

 

腰痛対策になるだけあって、身体がしっかり休まる仕組みがモットンにはあります。

 

 

モットンが快眠をもたらす秘密…寝返り

モットンは体圧分散に優れたマットレスです。

これにより自然な寝返りをうつことができ、またどんな姿勢でも体にかかる圧力の分散がバランスよくできるため、血流の巡りをベストな状態に保つことができます。

 

寝返りは身体の巡りを整え、ダメージ回復の役割を果たす非常に重要な動作なのです。

 

これがモットンが腰痛対策になる理由であり、身体が休まり、睡眠の質を高めることにつながっていくのです。

 

 

敷布団(マットレス)が硬すぎても柔らかすぎても、体圧分散は上手にできません。

 

 

 

 

対してモットンは体圧分散がしっかりとできており、理想的な睡眠姿勢をとることができます。

 

モットンの高反発性によって、身体全体がふんわりと押し返してくれるので、楽な寝返りを打つことができるのです。

 

 

もちろん腰だけでなく、首や肩周り、胸に負担がかかることがないため、きちんと筋肉を休ませることが可能です。

 

筋肉を休ませること=炎症を発生させないということ=結果として腰痛を改善することもできるということです。

 

 

私はモットンを使ってから、一か月で効果を実感し始めました。

 

鈍い腰の痛みはなくなり、ぐっすりと眠れるようになったのです。

 

同時に眠りが早くなり、目覚めもすこぶる良くなりました。日中の異常な眠気もなくなり、元気に毎日を過ごせています。

そして日中も眠気に襲われ、仕事にミスが起きてていた頃が嘘のように、シャキッと一日働けています。

 

これからの時代を勝ち抜いていくためには、人間の体、自分の体を知り、睡眠の質を高める工夫を凝らす必要があると、私は強く思っています。その手助けにモットンはなると私の実体験からお伝えします。

 

【モットン】公式サイトはコチラ